小顔になる

小顔効果「美容外科」で行われる治療のひとつに「小顔治療」があります。その人の顔に合わせた施術が用意されているので、実際に受診してカウンセリングを行いながら、自分が受ける施術を決めてください。大まかには「脂肪吸引」「プチ整形」「脂肪注入」「ボツリヌス菌」「糸」「プロテーゼ等の挿入」等があります。「脂肪吸引」は言わずと知れた手法ですね。お顔の余計なお肉を吸い出しますので、施術後は確実に小顔になります。「プチ整形」はお顔を小さくするのではなく、目、口、鼻やあごといった顔のパーツを大きくすることによって小顔にしていくというものです。もともとお顔が小さい方に向いています。「脂肪注入」はお顔に立体感をもたせる手法です。

これによりぷっくりとした頬や唇になることが出来ますし、しわやたるみも消すことが来ます。「ボツリヌス菌」「ボトックス」とも呼ばれ、エラの張った方に向いています。歯ぎしりをする方やスポーツで力む方に向いています。注入した個所が動かしにくくなるので、多少の違和感はありますが問題ありません。「糸」は特殊フェザーを使ってメスを入れずにリフトアップする手法です。「プロテーゼ等の挿入」は鼻やあごを高くしてお顔に立体感を持たせることによって小顔にします。