二重になる

「美容外科」で一番多く行われているのは「二重まぶた」の手術ではないでしょうか?最近では小学生でも「二重にしないと学校に行きたくない」とごねる子がいたり、親御さんからの誕生日プレゼントが二重まぶたの施術だったということもあるそうです。また逆まつ毛で苦しむ方も多く受ける施術です。

この二重まぶたの施術は、いくつかのやり方がありますが一番低料金で簡単なものは「埋没法」です。これはたった10分で施術が完了しますし、入院も不要です。まずカウンセリングを受けまぶたの上にポインティングをします。そして、埋没法のマイクロカット法では、その後まぶたの内側をカッターのようなメスでほんの少しだけ切り、そこに糸を通して結びます。施術自体はこれで終わりです。(参考:美容外科|札幌中央クリニック

目の麻酔は効きが悪いので、施術中に涙が出ると思いますが痛みは一瞬です。血もほとんど流れず、1~2週間でまぶたの腫れと内出血は収まります。この期間中もお化粧は出来ますが目は決してこすらないでください。糸が取れると再手術になります。

目頭がもともとはっきりしている方はこの「埋没法」ではっきりとした二重になりますが、「蒙古ひだ」と呼ばれるタイプの目頭の方は奥二重や末広がりな二重になるので、女優さんのような平行な二重になりたい方は本格的にメスを入れる切開型の二重手術をおすすめします。